DIGZ CREATORS COLLEGE スタッフブログ

ディグズクリエイターズカレッジ スタッフのブログです。 各トレーニングやプログラムの最新情報や、授業風景などをアップします!

コンプレッサーによる音の前後の処理

      2016/06/23

以前の記事では「コンプレッサーで音を前後に調節が可能」と解説しましたが、今回は具体的に使用例を用いて解説します。是非とも取り入れて頂きたいテクニックですので、こちらの記事をご覧頂きながら自身でも実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

コンプレッサーで奥・手前を表現した音源例
実際にコンプレッサーによって距離感を表現した音源を用意しました。

①前半部分はコンプレッサーを適用する前音源、
②その次の中盤部分はコンプレッサーによって音を奥に引っ込めた音源、
③最後の部分はコンプレッサーによって音を手前に出した音源です。

これからどのように②と③のような処理をしたのかを解説します。

 

②音を奥に引っ込める
音を奥に引っ込ませる場合、コンプレッサーで音の強弱を薄くし、音を響かせる空間系のプラグインを使います。

160422_02_奥

パラメーター例
スレッショルド(しきい値):深め
アタック:早め
リリースタイム:遅め

まずスレッショルドを深め・アタックタイムを早め・リリースタイムを遅めに設定し、音が鳴っている間のほとんどの時間で圧縮がなされている状態にすることで、大きい音と小さい音の差を少なくします。

次に空間系のプラグイン・リバーブを施すことで、より奥で鳴っているように処理することが可能です。

 

 

③音を手前に出す
音を手前に出す場合には、コンプレッサーでアタックの部分を強調し、大きい音と小さい音の差を広げます。

160422_02_手前

パラメーター例
スレッショルド(しきい値):浅め
アタック:遅め
リリースタイム:早め

まずスレッショルドを浅めにすることで、音のアタック部分にだけ圧縮が適用されるように設定し、音の出始めの部分がしっかりと出るようにアタックは遅め・リリースタイムは早めにすることで、音が手前で鳴っているような処理になります。

 

 

以上のテクニックを使い分け、自分の意図する場所に音を配置することでミキシングのクオリティが飛躍的にアップしますので、是非とも取り入れて頂きたいテクニックです。

次回4/29は、楽曲制作には欠かせない「オススメのシンセサイザー」をご紹介します。

 


<DIGZ CREATORS COLLEGEからのお知らせ>

Digzボーカライジングトレーニングでは 毎月無料体験レッスンを実施します。 実際に受講生の授業に参加してレッスンを体験することができる機会です。

体験日程

3月1日(水) 17:15〜18:15

3月2日(木) 21:00〜22:00

3月8日(水) 17:15〜18:15

3月9日(木) 21:00〜22:00

3月15日(水) 17:15〜18:15

3月16日(木) 21:00〜22:00

3月22日(水) 17:15〜18:15

3月23日(木) 21:00〜22:00

3月29日(水) 17:15〜18:15

3月30日(木) 21:00〜22:00

お申し込み方法 ご希望の日程を下記申し込みフォームよりご入力の上、エントリーをお願い致します。 *申し込み状況によってはご希望に添えない場合がありますので予めご了承ください。

内容: プロの第一線の現場が教える、現代のメジャーアーティストが必要とする歌唱トレーニング法 (グループレッスン)

参加費:無料(60分:体験レッスン+レッスン概要説明)

場所:DCHスタジオ(渋谷駅徒歩10分) 東京都渋谷区桜丘町10-4 モドマルシェ渋谷桜丘町 B1F

>>無料体験レッスン申し込み方法<<

以下、公式webサイトの申し込みフォームより、

お名前・ご年齢・ご住所・メールアドレス・簡単な活動経歴

ご希望の日時をご入力ください。

無料体験レッスン申込フォーム


Digzボーカライジングトレーニング / Digzプロダクションコアトレーニング Digzトップライナープログラムでは、現在新たに11月生を募集しております。 詳しい資料もご用意しています。気になる方はお気軽にご請求ください。

ディグズ トップライナープログラム資料請求はこちら

ディグズ プロダクションコア・トレーニング資料請求はこちら

ディグズクリエイターズカレッジでは、公式LINE@ 各コースのレッスン風景、セミナー情報、無料体験レッスンスケジュール等をいち早くお届け!受講を検討されている方やご興味をお持ちの方、

ぜひお友達へ追加してください!

友だち追加数

 - Production-Core Training